サービスの比較と他社との違い

見守りだからこそ、できるだけ、長く続けられていいものを選びたい。
「どれを選べばいい?」のご参考に。

見守りサービスの種類と特徴

種類メリットデメリット
警備型大手の警備会社のサービスなので安心。費用が高額。 初期費用が10万円以上の場合も。
カメラ型リアルタイムで確認できる。プライバシーの侵害。
センサー型生活リズム応じて異変を発見。身体の変調を感知できない。誤作動も多い。部屋が多いと感知も困難。
訪問型専任スタッフが接するので安心。費用が高額。 特に女性の利用者は訪問が煩わしいと思う人も。
電話型手軽。体調の変化も感知できる。会話が苦手な人には不向きな場合も。

ポイント

ひと言で見守りサービスと言っても、ご高齢者のためのこの手のサービスには、さまざまな種類とそれぞれの長所短所があります。

対象とする方の状態により必要とすべきサービスは異なってきますので、費用とのバランスも考えながら、どのタイプが適しているのかをお決めになるとよいでしょう。

各社サービスとの比較

 

 
  • 入会金
  • 電話
  • 報告書
  • 訪問
  • 利用者からの電話
  • 電話回数の増減
  • 1回の電話の延長
  • 電話に出ない
  • 駆けつけサービス
  • 支払い

お問い合わせ

受付時間:9:00-17:00(土日祝除く)